李氏朝鮮が維新できなかった理由
スポンサーリンク

「朝鮮より日本のほうが壊しやすかった…だから明治維新が成功した」(中央日報)

--なぜ日本だけで可能だったか。韓国(当時の朝鮮)との違いは。

「260の藩に分かれていた連邦制的特徴と、天下の権力が天皇と将軍に分かれていた双頭制だったから可能だった。一言でいえば(国の体制を)壊しやすかった。朝鮮の支配階級『両班(ヤンバン)』は地主だったが、日本の大名と侍のほとんどは自分の土地を持っていなかった。土地がない官僚なので、彼らの権益や収入を国が奪いやすかった」

--朝鮮のほうが安定的だったから変化に不利だったという意味だろうか。

「そうだ。朝鮮は王が1人だったが、日本は2人(天皇と将軍)だった。朝鮮は科挙制度と性理学の伝統が強かった。当時の朝鮮の人々は、自身の(政治)制度を変える必要があるとは誰も考えることができなかった。科挙制があり、原則的には誰でも試験を受ければ官僚になることができた。現実はどうであれ、ひとまず『機会の平等』があった。朝鮮は日本より政治制度の整合性が高かった。(壊しにくく)しっかりと体系が整っていたため、結果的に改革が遅れたと考える」

面白い記事だと思います。
身分差や貧富の差による勉強の機会の格差によって科挙に『機会の平等』なんて全然ありませんでしたが、当時の李氏朝鮮が独裁のための反乱潰しのための仕組みはすごくよくできていたと思います。
当時の社会の仕組みは改めて学びたいと思いますが、通貨制度すらできないほど社会発達を阻害してまで強固な身分制度を確立していた世界を成立させていたのはすごいなと思います。

--大院君(テウォングン)の改革など、朝鮮の内部改革が成功していたら両国関係はどうなっていただろうか。

「両国間で戦争はあったかもしれないが、一方的な侵略はなかっただろう」

思想から権力までガッチガチの儒教体制で内部改革が成功する土壌が微塵もなかったと思うのですが、そこのところはどうなのでしょうか。
韓国の歴史観ではすごい国だったはずの李氏朝鮮なのですが、その実態はどんなものだったのか、いずれ纏めたいと思ってます。

スポンサーリンク
コメント一覧
  1. 五島守 より:

    確かにその通りですね。李氏朝鮮は仏教を捨て四書五経を尊び年功序列と妬みと嫉妬の副産物をここしました。トランプ大統領は違法移民たちをshit holeと云っています。糞溜めと訳してありました。鮮人は嘘の国民嘘のの政治嘘の裁判フェイク民族これ英語でOh,Shitオオ偉大な糞民族と云います。つまり何ちゅうか冷やし中華的思考で云うならば温故知新欠如民族。
    文大統領がこれからは日本に頼らず自前でと言っていますが嘘は罪なのですがね。日本国内にも鮮人目線でのTV局や新聞社の社員は日本人か?と疑いたくなります。日韓基本条約で日本が支払った金の一部が朝鮮総連に渡りそこから日本共産党に流れたと14年前週刊新潮がスッパ抜きました。志位委員長の徴用工の個人補償は終わっていないにあります。
    なぜ朝鮮人が狂喜するようなことを云うのか政党助成金を受けとらない日本共産党を公安だけでなく日本国民が監視しなければなりません。

    • 日朝関係史備忘録 より:

      確かに刹那的な考え方をしている社会のようですので問題が多いように見受けられます。李氏朝鮮時代、嘘をつかないと生きていけない社会であったためと思っていますが、このあたりはまた勉強したいものですね。
      韓国の対日外交に関してはパターンがありますが、そのパターンも含めいずれ纏めたいと思っています。
      週刊新潮の件は昨年12月の記事ですね。私も読みましたし、まだデイリー新調のページで読むことができます。ただ、15年前の書籍の証言のみで裏付けが取れていませんので正直本当かどうかわかりません。日本共産党は日本よりも他国中心の考え方をしているなと思いますが、それを糾弾するには確たる証拠がない限り難しいのではないでしょうか。

  2. 五島守 より:

    呉善花著韓国を蝕む儒教の怨念を読んでも反日感情の原因はわからない。中野信子著人を蹴落とす快感のように朝鮮民族を読み解くには彼らが持っていない前頭葉やニューロン間の異常シナプスが機能しないのが原因、やがて脳科学者が解明してくれると思います。日本にはノーベル賞受賞が多くいるのに朝鮮人にはいないことが全て彼らと正常な話し合いができません。日本には上杉鷹山がいたが朝鮮には明という国の皇帝がいた。

    • 日朝関係史備忘録 より:

      ノーベル賞受賞がいなくても話ができる国の方が多いですのでそのロジックは破綻してないでしょうか。
      脳科学というより社会学の問題だと思っています。いろんなブログやサイトで朝鮮人の考え方、行動パターンが語られています。その根本は李氏朝鮮時代の社会の在り方のせいだったと思うのですけれども、深く調べてみたことがないのでいずれ知りたいなと考えてます。
      ただ、今の目まぐるしい日韓の応酬が続くと時間が取れそうもないですよね…。

コメントを残す

関連キーワード
李氏朝鮮の関連記事
おすすめの記事